>>購入住宅を探す

住宅購入のススメ

さて、いよいよ不動産物件を購入しよう。多くの人が雑誌を買って情報を得たり、折り込みチラシで入っていたマンションのモデルルームを見に行ったりするところからスタートするのではないかと思われる。でも、資金のことなど、気になることもいろいろある。どんな順序で不動産購入を進めれば良いのか、少し考えておこう。

 

住宅の購入に欠かせないポイント

1.購入のタイミングを考える
2.資金計画を考える
3.住宅の知識を得る
4.どんな家にするか考える
5.いよいよ家を探す

1.購入のタイミングを考える

住宅を購入するにはタイミングが大切だ。新聞の折り込みチラシで良い物件の広告が入っていたから、といってあわてて購入に走るのは得策ではない。まずは、いつ頃買うべきかということを、しっかり考えていこう。例えば、あと何年たてば、子供は何歳、自分は何歳、といった時間軸を考える。ちょうど子供が小学校に上がるタイミングで購入する、といった理想を考え、そこに向かって計画を進めていくのだ。

2.資金計画を考える

購入のタイミングが決まれば、そこに向かっていくら自己資金をためるか、考えることができるだろう。住宅の購入には、お金がかかる。物件の価格は仮に全額ローンにしても、物件価格の5%内外と言われる購入諸費用は現金で用意することになる。引越しの費用、新たな家に住むには家具やカーテンなど、いろいろ買うものもあるだろうし、きっちりお金の計画を立てておかないと大変だ。

3.住宅の知識を得る

購入までの時間は、住宅についての勉強をしておこう。初めて聞く言葉がたくさんあるので、どんどん本を読むなどして知識を得ていこう。大きな書店で建築のコーナーに行けば、建築家などが書いた、住宅の選び方や安全性の確保などについての本がたくさんある。コストを下げるための知識もいっぱいだ。しっかり勉強すればその分、良い家が安く買えるのだと考えておこう。

4.どんな家にするか考える

どんな住宅を購入するのか。これはいわゆる物件広告で間取り図や外観写真を見ているだけではなかなか決まらない。まずは、必要なパーツを考えていこう。個室は何部屋必要なのか、リビングルームはどれぐらいの広さにしたいのか、などだ。

 

大切にしたいのはどんな条件だろうか? 家族がいつも集まって楽しく暮らすこと、趣味に打ち込むこと、子供たちが落ち着いて勉強できること、収納がいっぱいあること、いろいろあるだろう。こうした条件から家の部品を描いていこう。

 

紙に描いた部品(部屋)を切って、2階建て、3階建てにどんどん並べて組み換えていこう。この時点では家の形が美しくなる必要はない。理想とする生活イメージに近い、部屋のつながりができあがったら、それを何種類か保存しておいて、いよいよ実際の家の間取りの検討に入るのだ。

5.いよいよ家を探す

購入のタイミングまで、1年前ぐらいからは現実の住宅の物件情報をたくさん見ていく。見学にも何度も行こう。住宅展示場などの理想的な家だけではなく、中古住宅の空き物件などを見に行くことで、より現実的な家の姿をたくさん目にしていくことが大切だ。

 

部屋の本当の広さは間取り図だけでは分からないものだ。6畳、と書かれていても、部屋の形の関係で狭く感じたり、一部天井が低かったりすると思った通りにはなってくれない。中古住宅などでは、間取りが古いものがあるのが特徴でもある。小さな和室がたくさん並んでいるような間取りもあり、間取り図だけではピンと来ないこともあるかもしれない。が、実際に見に行ってみると「ここからここまでふすまを外したら開放的だな」とか意外に良いイメージが湧くことも多いものだ。

 

資金計画にもよるが、リフォームなどの可能性もあるのだから、一番大切な条件を満たす物件を見つけだす目を養うことが重要なのだ。

Valuable information

美容はさみの通販
https://www.hien-scissors.jp/

最終更新日:2017/5/9