>>新築住宅を探す

新築一戸建てを購入するときのポイント

購入前に確認しておきたいポイント

新築一戸建てを買うのは非常にうれしいものだ。慣れない買い物だから、冷静でいろと言われても難しいかもしれない。管理人は広島 賃貸を利用していますが、実際にどんな風に物件を見れば良いだろうか。チェックしておこう。

可能ならば建つ前に見学を

実際に建てられたばかりの家はきれいで、問題点を見つけるのは素人には難しいものだ。建つ前の状態を確認できれば、より良いだろう。基礎工事がきちんとしているか、土地の状況はどうか、といったことを見るためには、広告が出て素早く見に行く行動力が大切となる。

隅、収納、屋根裏などをしっかり確認

内装などの仕上は、普通の部屋の中はきれいなのが当たり前だ。しかし、押し入れの隅っこなどに板がきっちり合っていないなど、仕上の粗さが出るもの。屋根裏収納庫なども、ていねいに仕上をチェックしよう。見学には懐中電灯を持っていって、きちんと隅を見るクセをつけよう。

 

収納家具や引き戸などは開けたり閉めたりしてみよう。営業マンがついていたりして、何だか急いで見ないといけない気になってしまいがちだが、ここはじっくりとやっておこう。たて付けが悪いと建具のすべりが悪かったり、収納の扉がきちっと合わなかったりする。

 

実際にはそんなにひどい建て物はそんなにないのだが、それでもしっかりチェックする気持ちを忘れてはいけない。窓は閉めたら、外の物音がどれぐらい聞こえるか、少し待って耳を済ましてみよう。一戸建てなのに、隣りの家でどたばた歩く音が響いてくるようなら、壁の薄い家だということになる。

周囲の状況はどうか

不動産会社のスタッフに車で案内されると、周囲の状況を車で通過しながら見ただけ、ということになりがちだ。できれば帰りは歩いて帰って、駅までの距離感や周辺の雰囲気を見ておこう。

 

家の前の道が、「静かそうだな」と思っても、通勤時間には意外に抜け道になっていてすごく交通量が多いといった場所は多いもの。小さな子供がある場合にはこうした点も気をつけて見ないといけない。

 

できれば後日、家族だけで電車で出かけて、駅から歩き、近所の人に状況をたずねたりして、じっくりと周辺情報を集めておこう。これもチェックリストなどを作っておくと良いだろう。駅前におしゃれな店が1つあるから、という理由で決めてしまうことがある、焦りは禁物だ。

見学の時の役立ちアイテム

まず、家の向きをチェックするコンパス、広さや家具が設置できるかどうかを確認するためのメジャー、現地の状況を確認するための詳しい地図はぜひ揃えておこう。家の細部をチェックするためには懐中電灯もほしいところだ。デジカメがあれば、フィルムの枚数を気にせずに写真もとれる。

 

それに自分の大切な条件を書いたチェックリストだ。これは夫婦で見るなら1人1枚持って、それぞれが自分の正直な感覚を記録できるようにしよう。詳しい情報を書き込むためのノートも必要だ。これで7つ。しっかり記録して、後悔のない良い買い物を目指そう。

身なり?

家を見に行くのは週末に家族連れで、帰りにはみんなでちょっと遊びに行こう、といった半分レジャーのような感覚で行くことも多いのではないだろうか。ただ、あまりラフな格好で行くと損をすることも。

 

家を買うなんてたいていの人が慣れていないし、服装が高い買い物とあまりに不釣り合いだと、自分の気持ちが負けてしまう。ちょっとオドオドした気持ちになって、したい質問ができなかったり、足早に出てきてしまったり。それでは良い家選びはできない。

 

スーツにネクタイで、とは言わないが、気後れしない程度の身なりを整えて出かけるようにしよう。

おすすめWEBサイト 5選

笠岡市の新築 一戸建て
http://kasasei-homes.net/

2017/5/11 更新