>>新築住宅を探す

新築マンションを見学する

後悔しないように、冷静に確認を

休日になると、新築の分譲マンションの折り込みチラシがたくさん入ってくる。すぐに住み替える予定がなくてもちょっと見に行ってみようかな、と興味を持つご家庭も多いのではないだろうか。最近の新築マンションは設備も立派だし、内装も美麗で、どこを見てもこれだ!と思ってしまうのだが...。

 

しかし慌てるのは禁物だ。後悔しないマンション選びのために、新築分譲マンションを見に行くときのコツをチェックしておこう。

モデルルームに誘惑されない

自分が希望するタイプ、価格的に可能なタイプのモデルルームかどうか、きちんとチェックしよう。というのは、モデルルームはそんなにたくさんのタイプを見られるものではないからだ。売る側からすれば、より広い豪華なタイプのお部屋をモデルルームにしたいのは当然だ。モデルルームで「これだ!」と決めてしまって、いざ自分の買えるタイプとなると気に入った設備や内装が採り入れられていなかったり、思ったより狭かったり、ということがあるかもしれない。

 

どのタイプがどの階にあって、どの方角に向いているのか、ということも確認しておかなければ、イメージが狂う場合もあるだろう。高層マンションで素晴らしい眺めが売り物だったとしても、あなたが買うのは少し低い階層かもしれない。モデルルームに掲げられた風景写真だけで決めてしまうわけにはいかない。

 

モデルルームには必ずコンパスやメジャーを持っていくようにしよう。例えば子供部屋にはこのベッドを置かなければならない、といったことがあるはず。その寸法を覚えておいて、この部屋のこの向きに置けるな、ということを確認していかなければならない。

 

モデルルームそのものを見るよりも、全部のタイプの間取り図などの資料をしっかり確認するのに時間と神経を使っていこう。

展示品の家具は?

マンションのモデルルームには、それはそれはかっこいい家具が置いてある。豪華でかっこいいだけではなく、ダイニングテーブルはやや低め、その上の照明は長いコードで吊り下ろした小ぶりのペンダントライト、というモデルルーム定番の組み合わせは、天井を高く見せる工夫だと言われている。そんな工夫の方に感心していたら、家のことを分からないまま見学終了となってしまう。自分が住むときにはそれらは一切ないのだから、くれぐれもご注意をば。

 

そうした状態を脱して、冷静に部屋を見るための裏技がある。それは、同じモデルルームに3回行くことだ。1回目はどんどんのぼせて「かっこいいなあ」と見ておく。2回目はかなり落ち着いて部屋に目が行く。でも、2回目から帰ってきてやっと、「この部分のことを質問できなかったな」というのが出てくる。3回目となると、もう慣れた場所だ。顔も覚えあった営業マンにじっくり質問していこう。

 

これを複数のモデルルームでやれば、「何度も行ったんだから買わないと悪い」なんて気になることも防げる。後悔しない選択のためには、1回見ただけで決める必要はない。

立派な設備が付いていても

新築マンションの設備などは素晴らしいものがある。が、中にはオプションになっているものも展示している場合がある。これはオプションです、と明示してあっても、人のイメージというのは勝手なもので、何となく買ったらそれもついてくるような気になってしまうものだ。オプションがない状態、もしくは、オプションをつけた場合の金額というものを把握しておこう。

 

必ずモデルルームは複数見るだろうから、それ専用のノートを作って、どんなオプションがあって、このオプションはほしいといったことを一貫して記録できるようにしてからモデルルームへ出かけよう。

モデルルームと現地の場所が違う

モデルルームは現地に作られているとは限らない。実際の場所と違う場合には、モデルルームだけ見て帰ってしまうのはもったいないことだ。必ず現地にも足を運んで、そこから駅までの道を歩いてみたり、周辺の環境や雰囲気を見ていくようにしよう。近くの公園でしばらく過ごすだけでも、周囲の交通量や人の雰囲気は分かるものだ。落ち着いて現地を見ることが大切だ。

 

マンションも完成が近づくと、モデルルームが現地に移動して、実際の建物の中の部屋を見られることがある。まさに現地なのだから、いよいよ完成間近という高揚感を感じてしまうものだ。ただし、完成が近づいた分、間取りの変更や、オプションや設備仕様の調整など、購入のために手を入れられる自由度は少なくなっていると思った方が良いだろう。

check

貸会議室 八重洲口

Last update:2017/6/29